下取り車があることは最後まで内緒にしよう

車を購入するに当たっては、営業マンとの駆け引きが重要
になってきます。車の営業マンは、新車のディーラーであれ
中古車販売店であれ何らかのノルマを課されていますから、
売ることに必死です。買う側であるこちらとしては、気に
入った車をできるだけ安く手に入れたいですよね。できるだけ
多くの台数をできるだけ高い値段で売りたい営業マンと、
できるだけ安い買いたい私たちの駆け引きが展開されるのです。
こちらにできるだけ有利に話を運ぶひとつの方法は、
下取り車があることをできるだけ内緒にすることです。営業マン
にとって、下取りは値引き査定の格好の口実となります。
実はそれぞれの営業マンにはどの程度まで値下げできるのか、
下取り以外の要素があります。ですから、他の値引きアイテム
をすべて出させたうえで、契約を結ぶ直前の段階まで持って
いきましょう。そして最後の最後に実は下取りしてほしい車が
あること告げます。こうすることで、いったん決まりかけた
契約価格からもう一押しの値引きを引き出すことができるのです。
最初から下取りを条件としてしまうと、そこも含めたうえでの
値引き交渉となりますので、メリットが少なくなる可能性がある
のです。いずれにしても、交渉に当たっては粘り強くゆったりと
臨むことが大事です。

コメントは受け付けていません。