必ず希望価格を設定して買う意思を伝える

新車購入の際に車両本体価格があり、一部の車両を除けば}PgžxQ
大抵値引きがあります。
新車がデビューしてから年数が経過していなければ、おそらく
値引きが少ないですが、まずは自分の予算がどれだけで、
希望額がいくらなのかを営業係員に伝えることが大切です。
通常、ディーラーではメーカーからの販売コミッションで
売り上げをこなしています。
個人成績や店舗成績が問われます。
車の製造では数万点の部品が構成されており、1台販売すること
で多くの業者が利益を得ることになります。
販売店は完成車を販売して目標台数を設定され、これをクリア
することで利益を得ます。
値引は、ある程度限界がありますが、販売目標をクリアする
ためにはある程度の妥協もするでしょう。
相手としては値引き額が少なければ、利益が多くなるため、
慎重な交渉を進めるでしょう。
営業とお客の関係は信頼関係が必要となります。
お客側も当然、複数の業者にアプローチするため、ある程度
の妥協をするはずです。
営業マンを味方につけて、値引や店舗の情報を収集しましょう。
ある程度、購買の意思が髙ければ交渉に折り合うでしょう。
販売店は最終的に台数を目標にしますので、粘り強い交渉を
試みることが大切です。

コメントは受け付けていません。