地域によって価格が違うことがある

車のカタログには車両価格が掲載されていますが、全国的に同じ}PgžxQ
価格となっていると思われています。実際には陸送費の関係や仕様
が異なるために販売価格も地域によって異なっています。北海道
などの寒冷地では、冬場にエンジンがかかりにくくなるため対策
を講ずる必要があります。寒冷地仕様と呼ばれるものですが、
冬場に気温が低くなる都道府県では寒冷地仕様が標準となるため
に車両価格が高くなるのです。また寒冷地仕様が必要ない場合でも
希望すれば購入することが可能ですから、ディーラーに確認して
みたほうが良いといえます。メーカーによっては寒冷地仕様を標準
仕様として統一化しているところもあるため、その場合には
全国一律の価格設定となります。寒冷地仕様には様々な変更点が
ありますが、バッテリーの大容量化やオルタネーターの大容量化、
ワイパーモーターの強化やリアワイパーの装備などがあります。
車種やメーカーによってはシートヒーターが装備されたり、
ドアミラーにヒーターが内蔵されている場合もありますが、
メーカーごとに寒冷地仕様に関する対応は異なると言えます。
もちろん装備の違いによって価格も異なるため、寒冷地仕様が
必要無い場合にはあえて選択する必要はないのです。

コメントは受け付けていません。